top of page
  • 執筆者の写真Tokyo Bay Bible Fellowship

エゼキエル45章6節 キリストの様に歩む恵み



今朝のデボーションはエゼキエル45章6節です。


神様の御指示は具体的です。今日、神様は何をするように導かれているでしょうか。この時代背景を見ると、イスラエルの民は神様に心を背け、荒野から出て、祝福への道に踏み入れようとしていることも知ることができます。


キリストでさえも、悪魔に誘惑されるために、荒野に聖霊様に導かれました。(参照 マタイ4章1節)40日間の最後に悪魔を追い払い、この地上でも多大な影響を与えるミニストリーがスタートしたのです。


イスラエルの民も、御約束の地に入るまでの40年間を荒野で過ごし、その後に御約束の地に入ることができました。


荒野に居るときには、自分が何を変えなくてはいけないかが分からない時でしょう。ですから、神様の具体的な御声を聞いて、従い、行動に移すことが求められます。(参照 ヨハネ10章27節)イスラエルの民は何をすれば良いのか分からなかったのでしょう。40年間も過ごすことになりました。キリストは神様と繋がり続け、40日間で荒野を出ることができました。


私たちは荒野を通過することを避けることはできませんが、過ごす時間が伸びるのを避ける選択はできます。私たちは、悪魔の攻撃と誘惑に直面しますが、神様と共に歩み続ける選択をして、行動に移すことです。キリストは40日間断食をされた程ですから、御声を聞くことに全ての意識の焦点を合わせていたのでしょう。キリストが歩まれた40日間を模範として歩む選択をするとき、私たちは荒野から御約束へと進むことができるでしょう。


今日も神様の具体的な御指示に従い、歩み続けましょう。全ての意識をキリストに合わせましょう。


神様の豊かな祝福がありますように!


コメント


bottom of page