top of page
  • 執筆者の写真Tokyo Bay Bible Fellowship

コロサイ1章24節~29節 キリストの様に歩む恵み



今朝のデボーションはコロサイ1章24節〜29節です。


使徒パウロは信徒たちのために苦しむことに関して、喜んでいると綴りました。使徒パウロはコロサイの信徒たちが霊的に成長するために、その使命を全うし、そして、内側で働かれる神様の御力により、このために努力するとも綴りました。


私たちは日々、信仰生活をどのように歩んでいるでしょうか。教会における私たちの使命は何でしょうか。聖書では複数の箇所で霊的な賜物に関して書かれていますが、この中で私たちに託された使命を知ることが大切です。使徒、預言者、伝道師、牧師、教師(参照 エペソ4章11節)奇跡、癒し、助け、管理、異言、(参照 第一コリント12章28節~30節)信仰、(参照 第一コリント12章8節~10節)仕える、励ます、与える、リーダーシップ、憐み(参照 ローマ12章6節~8節)などが記載されています。


私たちがこれらの使命を全うするのを妨げているものは何でしょうか。過去に人間関係で受けた傷でしょうか。私たちは周囲の攻撃を受け入れ、死を受け入れ、キリストの御恵みにより復活の命を受け取り、力強く歩み続けることを神様は願われています。私たちは批判や攻撃の真っ只中でも、安らぎ、平安の中で、力強く前進し続けることができるのです。(参照 第二コリント4章8節~12節)如何なる状況に置かれていても、キリストを通して、何でもできるのです。(参照 ピリピ4章13節)


今日も神様に私たちの教会での役割に関して示していただきましょう。そして、過去の人間関係のトラウマなどに縛られずに、自由を体験して、前進し続けましょう。(参照 ヨハネ8章32節)


神様の豊かな祝福がありますように!


Comments


bottom of page