• Tokyo Bay Bible Fellowship

ヨシュア13章1節~7節 キリストのように歩む恵み


今朝のデボーションはヨシュア13章1節~7節です。


ヨシュアは約束の地を征服する神様の御計画の中でリーダーとして用いられましたが、約束の地の全てを征服することはできませんでした。私たちは後継者の育成を念頭に置いて、物事を進めることが大切です。


私たちが直面する問題や課題は、神様が戦い、処理してくださるのです。全ての問題は私たちの足元にあり、(参照 第一コリント15章27節)神様が戦ってくださいます。しかし、一方で、私たちがすべきことは全て行うことが大切です。このようにして、勝利者として、立ち続けることができるのです。つまり、一生懸命努力をし続けることも大切であるのです。


今朝の箇所でも、ヨシュアがリードしたイスラエルの民と共に征服した地を、相続として、他の部族に与えたことが書かれています。私たちが与えられているものは、全て神様のものであるのです。神様は私たちが与えられた富を、どのようにして用いることを願われていますでしょうか。キリストは、一生懸命仕事をして、必要のある人々に、与える方が受け取るよりも幸いであり、祝福されていると仰せられました。(参照 使徒行伝20章35節)

与えるならば、豊かに与えられるのです。(参照 ルカ6章38節)与えれば、豊かに与えられるのであれば、与える方が、幸いであるのは明確でしょう。また、仕事に於いても、時間は経済に還元できますから、支払われている時間帯を超えて、サービスを提供することも与えることと考えることができるでしょう。但し、更に大切なことは、この受け取った恵みを、誰に届けることを神様は願われていますでしょうか。第二コリント9章では、アカイアの人々が、マケドニアの人々に与える姿を見ることができます。聖霊様の御導きに従いましょう。ビジネスに於いて、誰が、私たちの無償のサービスを必要としていますでしょうか。


神様の豊かな祝福がありますように!


5回の閲覧0件のコメント