• Tokyo Bay Bible Fellowship

ヨシュア24章14節~28節 キリストのように歩む恵み



今朝のデボーションはヨシュア24章14節~28節です。


イスラエルの民は、ヨシュアより相続の地を受け取り、所有し、物事が上手く行っている状況でした。そのような中で、ヨシュアは改めて、イスラエルの民に、何を第一にして歩むかを試されました。我と我が家は、主に仕えると伝えました。イスラエルの民も、自らも戦いましたが、神様がエジプトから救い出され、約束の地でも敵を追い払い、神様に仕え続けると応えました。


私たちも、物事が上手く行き始めた時に、自分の力で、自分の手で物事を握りしめて、物事に取り組む誘惑に直面することがあるでしょう。しかし、私たちは、厳しい状況の時に、主を信頼して、歩み続けたように、引き続き、主を信頼し続けることが大切です。私たちが踏み入れた地は全て、既に与えられているのです。(参照 ヨシュア1章3節)この踏み入れた地は、かつては敵が所有していたので、実際に所有するには、挑戦に直面します。しかし、その挑戦も、敵も、私たちの足元にあるのです。全ては私たちの足元にあるのです。(参照 エペソ1章22節)全てが足元にあるのであれば、私たちの肩の荷は、全て降ります。私たちの内側に居られる聖霊様が流れるように、自由に、沸き上がり、私たちを導かれるのです。(参照 ヨハネ7章38節)


長いトンネルを通過して、物事が上手く行き始めているのであれば、注意が必要です。神様は私たちを如何にして、その長いトンネルから導き出されましたでしょうか。イスラエルの民が応答したように、神様が私たちを苦難から導き出され、神様がその御業を成し遂げられ、私たちに御約束を与えられたのです。神様の戦いであり、神様が戦われたのです。(参照 第一サムエル17章47節)神様が私たちの内側から働かれ、私たちを導かれるのです。不信仰から、遠回りをするのではなく、信仰により、前進し続けましょう。私たちは、神様の御計画から逃れることはできないのです。必ず、神様は、私たちの歩むべき道へと導き、戻されるのです。私たちの歩む道を、真直ぐにされるのです。(参照 箴言3章6節)神様は私たちの信仰による応答を待たれています。


神様の豊かな祝福がありますように!


3回の閲覧0件のコメント