top of page
  • 執筆者の写真Tokyo Bay Bible Fellowship

ルカ17章1節~4節 キリストの様に歩む恵み



今朝のデボーションはルカ17章1節~4節です。


聖書が教える赦しの一つであるギリシャ語のaphiémiは、許可する、苦しむなどの意味が含まれます。つまり、酷い事をされても、それに否定的に反応しないということです。酷い事が無かったかのように愛し続けるのです。キリストが十字架に架けられたときに、天の御父様に赦すように祈られましたが、この箇所の赦しもaphiémiが用いられています。(参照 ルカ23章34節)


今朝の箇所の文脈では、必ずしも自分に対してではなくても、神様に対して罪を犯している場合にも赦すことをキリストは教えられています。そして、何よりも自分に対して一日7回罪を犯し、悔い改めるならば、赦すように教えられています。また、別の箇所では、490回赦すように教えられています。(参照 マタイ18章21節~22節)


私たちの人間関係で気分を害することはほぼ日常的であるかもしれません。しかし、今日も、許可して、苦しむ選択をしましょう。これは言わば、手放し、自由になる選択ですから、御恵みが増し加えられます。キリストが十字架上で赦され、苦しまれた後に、復活されたように、苦しみを通過すれば、自由と御恵みが満ち溢れるのです。


神様の豊かな祝福がありますように!


閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page