• Tokyo Bay Bible Fellowship

ローマの信徒達への手紙7章13節 キリストのように歩む恵み


今朝のデボーションはローマの信徒達への手紙7章13節です。


旧約聖書の律法の目的は、人類がどれ程罪深いかを指し示すものでした。人間の自力では、救う事が出来ない事を自覚させるためでもありました。益々、無力を覚え、救い主が現れる時が訪れたのです。


神様と共に歩む中でも、私達が益々無力を覚え、そして、神様の御顔が現れ、ブレイクスルーの時が訪れます。アブラハム、イサク、ヨセフ、キリストは皆、同じ様な道を辿りました。神様が信徒達を導かれる一つのパターンでしょう。


私達も、結婚生活、家庭生活、経済、学業、仕事、ミニストリー他様々な事で無力を覚える所まで来ているかもしれません。しかし、諦めてはいけません。神様が現れ、ブレイクスルーへと導かれます。信じて、期待しましょう。


神様の豊かな祝福がありますように!

0回の閲覧0件のコメント