• Tokyo Bay Bible Fellowship

ローマの信徒達への手紙7章14節~20節 キリストのように歩む恵み



今朝のデボーションはローマの信徒達への手紙7章14節~20節です。


この箇所は人類が構成される霊、魂、体を言い現わしています。(参照 第一テサロニケ5章23節)


律法は神様の霊でありますが、この適用の仕方により、私達は神様の喜ばれない行動を取る事があります。人類の罪深さを明確にする律法を守る事を通して歩むと、罪意識が益々強くなり、(参照 ローマの信徒達への手紙7章13節) 私達は罪の奴隷として、肉欲が働き、罪人のような言動が生み出されます。私達がしたくない事をしているという事は、私達が罪の奴隷としての、肉欲に動かされる選択をしているからであるのです。正しい事をする志があるにも関わらず、言動が伴わないのは、その選択を誤っているからだけであるのです。根底に存在する罪の意識を強めているからであるのです。


今日も正しく、御言葉を理解し、適用する事が出来ますように。キリストが律法を全うされましたから、(参照 マタイ5章17節) 私達は恵み、義の霊により、歩み続ける選択をしましょう。キリストは私達を律法の呪いから解放するために、呪いになられたのです。(参照 ガラテヤ3章13節) キリストが私達に与えられている豊かな、満ち溢れる人生(参照 ヨハネ10章10節)を歩む選択をし続けましょう。、


神様の豊かな祝福がありますように!

0回の閲覧0件のコメント