• Tokyo Bay Bible Fellowship

使徒行伝20章25節~35節 キリストのように歩む恵み

更新日:3月20日



今朝のデボーションは使徒行伝20章25節~35節です。


パウロは神様の御計画を伝える事に関して委縮しなかったので、御言葉を聞いた人々の人生の責任は取れないと語りました。パウロは、自らが出来る事に焦点を合わせたのです。私達も同じ様に、自分が出来る事に焦点を合わせる事が大切です。


神様の御恵みにより、信徒達は建て上げられ、相続を受け取る事が出来るのです。神様に愛されているのを理解しているから、他の人々から何かを得る事よりも、与える事に焦点を合わせる事が出来るのです。使徒パウロは自らの必要のために働くだけではなく、他の人々の必要のためにも働きました。弱い人々を助けるために働いたのです。人々に与える方が受け取るよりも祝福されているとキリストも仰せられました。


今日も、他の人々の選択ではなく、私達が出来る事に焦点を合わせましょう。自分自身も勿論ですが、人々の祝福のためにも歩み続けましょう。


神様の豊かな祝福がありますように!

3回の閲覧0件のコメント