• Tokyo Bay Bible Fellowship

使徒行伝22章22節~23章5節 キリストのように歩む恵み

更新日:2月20日


今朝のデボーションは使徒行伝22章22節~23章5節です。


エルサレムのユダヤ人達は、パウロの証を聞いて、刑罰を施そうとしますが、ローマ市民である事をパウロが伝えて、その状況から免れました。


その後には、祭司長達と全議会とを召集させ、彼らの前にパウロは立たされ、証言をしました。パウロは完璧な良心にて、御前で歩み続けて来た事を証しすると、体罰を受けました。


パウロは神様が喜ばれる事、証しする事を行いましたが、迫害を受けました。信仰生活を全うする時、100倍の祝福を受け取る時、迫害が伴うのです。(参照 マルコ10章30節) この世の中が神様に背く、罪の歩みをしているからです。キリストと共に歩む時、批判、誹謗、中傷等は覚悟する事が必要です。残念ながら、特に同じクリスチャン達からの批判や迫害を覚悟する必要があります。パウロも、同じ神様を信じるユダヤ教徒から迫害を受けました。逆に、批判、迫害等が全く無いのであれば、何処かで妥協している可能性が有ります。自らの信仰生活を見直す必要があるでしょう。真実を愛を以て語っていますでしょうか。(参照 エペソ4章15節)


今日も神様が導かれるまま、一歩一歩歩み続け、(参照 詩編37篇23節)愛を以て、真実を語り続けましょう。


神様の豊かな祝福がありますように!


6回の閲覧0件のコメント