• Tokyo Bay Bible Fellowship

士師記2章11節~23節 キリストのように歩む恵み



今朝のデボーションは士師記2章11節~23節です。

主は、イスラエルの民が神々を拝み、傷つき、怒りました。しかし、それでも主はイスラエルの民を愛し続け、士師を送りました。このような中で、神様はイスラエルの民の自由意志を尊重し続けました。如何なる厳しい状況でも、主は主であり続けたのです。

私たちも人間関係の中で傷付き、怒ることがあるでしょう。しかし、その後も、その傷付けた人々を愛し続け、仕え続け、自由意志をも尊重し続けることが大切です。

今日も、私たちを通して、神様の愛が表され続けますように。

神様の豊かな祝福がありますように!


0回の閲覧0件のコメント