• Tokyo Bay Bible Fellowship

士師記6章1節~6節 キリストのように歩む恵み



今朝のデボーションは士師記6章1節~6節です。


イスラエルの民は、またも、不信仰の生活に陥り、今回はミデアンの人々の手中におさめられました。今回は、蒔いた種から期待した収穫をも破壊されてしまいました。悲しい時でした。私たちは、什一献金を通じて、蒔いた種に対する収穫が守られ、熟した時に刈り取ることができます。(参照 マラキ3章10節~11節)


私たちを、捧げることから遠ざけようとする働きをしているのが悪魔です。しかし、信徒たちは勝利者で、(参照 ローマ8章37節)悪魔は私たちの足元で破壊されています(参照 ローマ16章20節)から、悪魔の誘惑に負けないのが聖書的です。この真実にも関わらず、私たちは、悪魔の存在に対して、真剣になり過ぎていることはないでしょうか。


聖書では、悪魔に対して笑うように教えています。(参照 詩編37篇12節~13節、詩編2篇4節)私たちを混乱に導こうとしている悪魔の存在は、足元で破壊され、粉々になっているのですから、悪魔が人々を通して働いて、私たちを傷付けようとして働いているのを見ても、笑い飛ばすのが聖書的です。


今日も悪魔の活動に脳裏で、心で気付いた時に、既に破壊されているその存在に対して笑いましょう。


神様の豊かな祝福がありますように!







閲覧数:1回0件のコメント