• Tokyo Bay Bible Fellowship

士師記7章19節~23節 キリストのように歩む恵み



今朝のデボーションは士師記7章19節~23節です。


ギデオンとその軍隊は夜10時頃に、ミデアンの軍隊の殆どが眠りに就いている頃に、ラッパを吹き、つぼを打ち砕き、左の手にはたいまつをとり、右の手にはラッパを持ってそれを吹き、「主のためのつるぎ、ギデオンのためのつるぎ」と叫びました。すると、ミデアンの軍隊は、眠りに就いている中で、更には暗闇の中で混乱したのでしょうか、お互いを殺し合い、更にはその場を逃げ去りました。


現代のクリスチャンが対峙すべき存在は悪魔です。(参照 エペソ6章12節)その悪魔に勝利する方法は御言葉です。御言葉を信じ、告白することを通じて、無理無く、悪魔に勝利することができるのです。悪魔は信徒たちの足元の下で神様により破壊されています。(参照 ローマ16章20節)信徒たちは勝利者以上の存在であるのです。(参照 ローマ8章37節)信徒たちは、人生において、圧倒的な勝利者として、悪の支配者として、君臨しているのです。(参照 ローマ5章17節)


私たちの人生において、悪魔にその支配権を与えてしまっている領域は何でしょうか。御言葉を通して、信仰を通して、告白を通して、勝利を体験し続けましょう。


神様の豊かな祝福がありますように!


閲覧数:0回0件のコメント