• Tokyo Bay Bible Fellowship

第一サムエル26章1節~5節 キリストの様に歩む恵み



今朝のデボーションは第一サムエル26章1節〜5節です。


再び、サウルはダビデを追い掛けますが、ダビデは荒野に留まったと書かれています。


「荒野」はヘブライ語で「midbar」ですが、砂漠、南、口、荒野などの意味があります。

つまり、ブレイクスルーの手前に居るということであるのです。御言葉は口から放たれ、形となります。(参照 創世記1章3節)南に居ることを選択するということは、北へ、上へ昇る手前であるということです。(参照 ルカ14章10節)


私たちの現状を見た時、実が結べず、低い場に置かれていて、いつになれば実を結び、高みへと引き上げられるのかと悩んでいるかもしれません。そのように感じるのであれば、ブレイクスルーのすぐそこまで来ているのです。


今日も引き続き、一歩一歩を大切にして、歩み続けましょう。(参照 詩編119篇105節)


神様の豊かな祝福がありますように!




閲覧数:0回0件のコメント