• Tokyo Bay Bible Fellowship

第一サムエル5章1節~5節 キリストのように歩む恵み



今朝のデボーションは第一サムエル5章1節〜5節です。


ペリシテ人は奪った神の箱を龍の偶像の横に置きましたが、朝になると龍の体が倒れていたり、体の一部が切り取られたりしていて、ペリシテ人を恐れに陥れました。


私たちの信仰生活の中で、御計画と私たちの心の間に入るものは何でしょうか。そのものは、神様により倒され、打ち砕かれます。ポルノ、占いなど明らかに私たちの信仰生活を邪魔することだけではありません。ミニストリーの奉仕、仕事、結婚や家庭、健康、経済など一見良いことに見えることでさえも、私たちの信仰生活で最も大切な神様との関係を阻害することがあります。


私たちが毎朝起きた時に先ず向かうものは何でしょうか。神様との静かなひと時でしょうか。デボーションでしょうか。祈りの時でしょうか。もしくは思い煩わせているミニストリーの奉仕で、何かやり終えないといけないプロジェクトでしょうか。また、子供の将来のことで心配していて、何かの調べごとでしょうか。不安を抱えていることがあれば、先ず神様とのコミュニケーションの中で、神様の御導きを求めることが大切です。


聖霊様の御助けが必要であるのが、私たちが無意識の内に日々取っている行動やそれを導く考え方です。私たちが御声を聞くのを邪魔している可能性があります。信仰の友たちが繰り返し指摘している言動に関して、今一度考え直し、神様の御導きを求めましょう。私たちの考え方を変えることを通じて、神様の良き、完全な御計画を知ることができるようになります。(参照 ローマ12章1節~2節)


今日も神様が私たちが変えるべき考え方を御示し下さいますように。


神様の豊かな祝福がありますように!



閲覧数:2回0件のコメント