• Tokyo Bay Bible Fellowship

第二サムエル16章5節~8節 キリストの様に歩む恵み



今朝のデボーションは第二サムエル16章5節〜8節です。


サウル王の家系のシメイは、ダビデがサウルを殺害し、王位を得て、主が息子のアブサロムに王位を与えられ、自らの悪行に関して自行自得であると伝え、ダビデと家来たちを呪い、石を投げました。


真実は、ダビデはサウルに敬意を示し続け、殺害する機会があっても殺害せず、サウルは自殺し、サムエルに油注がれたダビデは、神様の御計画通りに王位を与えられたのです。

アブサロムを愛し続けたダビデは、逆に裏切られ、クーデターで厳しい状況に直面したのです。


勿論、ダビデは完璧な信仰生活を送り続けた訳ではないですが、シメイはダビデが置かれた現状に関して誤解し、物事を語り、更には呪いの行為にまで及びました。私たちも同じような体験をしたことがあるのではないでしょうか。完璧な信仰生活では無くても、誠実に神様の御導きに従い、歩み続けますが、直面するのは誤解、裏切り、迫害です。非常に残念なことに、このような出来事は教会外でも、教会内でも起きている事ではないでしょうか。


しかし、幸いな事に、ダビデを支える家来たちが存在しました。ダビデを応援し続けたのです。私たちが厳しい状況に直面しても、私たちを応援し続ける人たちを大切にしましょう。私たちの応援団を大切にして、神様の御計画通りに、前進し続けましょう。


神様の豊かな祝福がありますように!


閲覧数:1回0件のコメント