• Tokyo Bay Bible Fellowship

第二サムエル5章11節~12節 キリストの様に歩む恵み



今朝のデボーションは第二サムエル5章11節〜12節です。


ツロの王ヒラムはダビデに香柏および大工と石工を送り、ダビデのために家を建て、このことを通じて、ダビデは自らがイスラエルの王にたてられ、イスラエルの民のためにイスラエルの国を高められたと確信したと書かれています。


この世の中が、地上が存在する限り、種蒔きと収穫の季節が存在すると聖書では書かれています。(参照 創世記8章22節) ダビデがイスラエルの王にたてられる前までの歩みを見ますと、決して楽なものではありませんでした。兄弟の中では目立たない存在でしたが、(参照 第一サムエル16章6節~12節)誠実に羊飼いの仕事に取組み、(参照 第一サムエル17章34節)時期のイスラエルの王として油注がれ、(参照 第一サムエル16章13節)ゴリアテを目の前にすれば勇敢に挑み、勝利しましたが、(参照 第一サムエル17章20節~54節)サウルよりもより多くの好意をイスラエルの民から得ていたダビデにサウルが妬みを持ち、(参照 第一サムエル18章7節~9節)攻撃を仕掛けると、当時の王であったサウルに対して敬意を払いつつも、逃げ続ける(参照 第一サムエル24章1節~7節他)という時期を経ました。


神様が私たちにビジョンを示され、物事は順風満帆で、このまま上昇気流に乗り続けると感じる時があるかもしれませんが、その後の試練の時期を経ても、驚く必要は無いのです。この試練はこの世の中の罪の結果である場合もありますが、自らの罪の選択の結果である場合もあります。自由意志を与えられた神様が構築されたシステムです。神様は私たちを更なる高みへと導き入れられるために、私たちを備えられます。ダビデはアドラムの洞窟でもリーダーとして周囲の人々に立てられ、リーダーとしても育まれました。(参照 第一サムエル22章2節)ゴリアテとの戦いの勝利を通じて、人々に知られ、人々を治める土台の一部が出来上がり、サウルの前で賛美する者としても用いられ、(参照 第一サムエル16章19節)サウルにも追い掛けられ続け、イスラエルの政治の状況に関して触れ、様々な事を学ぶ機会も多く与えられたことでしょう。


神様は私たちをどのような環境に置かれているでしょうか。私たちが試練の時期を経ていても、神様が私たちを通して成し遂げられようとしていることを知ることができます。

私たちが今、置かれている環境を通じて、継続的に学んでいることは何でしょうか。神様はその領域で私たちを用いられようとしていることでしょう。私たちは今、どのような人々に知られ、囲まれ、慕われ、集われているでしょうか。神様は私たちをそのような人々と関わり、リーダーシップを発揮する事を御計画されているでしょう。私たちの将来に関して、信頼する、誠実な信仰生活を歩むクリスチャンの兄弟姉妹からはどのようなアドバイスを得ましたでしょうか。神様は私たちをそのアドバイスされた方向へと導かれようとしていることでしょう。私たちが信仰生活の中で、体験したことのある勝利は、どのような領域に於いてでしょうか。神様はこの勝利の体験を用いて、この領域に於いて、更に影響力を拡大されることを御計画されていることでしょう。


今日もこのことをおぼえて黙想し続けましょう。種蒔きの時期を軽視せずに、収穫の時期に備えましょう。神様は私たちに満ち溢れる程に豊かな素晴らしい人生を御計画されています。(参照 ヨハネ10章10節)


神様の豊かな祝福がありますように!


閲覧数:6回0件のコメント